「歯科健診における経済効果と将来」研究会のご案内


 当協会の理念として「健康な歯を健康に保つ」を一人でも多くの受診者に理解して
頂き、むし歯にさせない歯科早期予防の口腔内指導を現在約7万にの受診者に実施して
おります。また、その間理想的な歯科健康診断システム構築の為、企業内、工場内に
歯科診療室を設置し、歯科健診データを連携させた適切な治療による歯科医療費の軽減、
企業内歯科健康診断後のフォローとして、歯科予防専門医院「こくほ21デンタルクリ
ニック」(新宿市ヶ谷)の開設等、健康保険組合への側面支援を行ってまいりました。
しかし、昨年の不況により健康保険組合の本来の業務である、疾病予防の予算さえ危ぶ
まれる状況でありますが、疾病予防としての歯科健診と、経済効果を実例に基づき下記
日程にて研究会絵を行いますので、関係者の皆様がたにとっては、有益な研究会になる
ものと存じます。是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。

                     記

 1 日  時  平成14年9月2日(月曜日)
         午後2時〜4時 (受付 午後1時30分〜)
 2 場  所  新宿区市谷田町2−29 こくほ21ビル
         2階 会議室(ご案内図参照)
 3 費  用  無料
 4 テ マ  「歯科健診における経済効果と将来」

        
○ 歯科健診システムの構築
          講 師:富士電機健康保険組合
              前常務理事 小澤 靖彦 氏
         ○ 歯科健診結果の利用と歯科レセプトの過誤請求
          講 師:日本交通健康保険組合
              事務局長 加藤 文明 氏

         主  催  医療法人社団 祥徳会・歯科衛生協会
         歯科予防部  研究会推進グループ  佐藤宗男
         問い合せ先   電話番号 03−5227−3737

                                 


Copyright(C) 2002.shoutokkai. All rights reserved.